チュートリアル

これらのハンズオン・ラボに挑戦して完了し、アプリケーション構築の知識と経験を重ねてください。

ハンズオン・ラボ

次のラボでは、特定のシナリオを完了するための手順を提供しており、基礎から高度なトピックまですべての内容をカバーしています。

  • スプレッドシート・ラボ

    期間: 1時間
    対象ユーザー: 初心者/未経験者
    学習内容 -

    • スプレッドシートをアップロードして最初のアプリケーションを構築
    • 検索ページおよびレポート・ページの改善
    • ページのリンク
     

    すべての内容に不安を感じるかもしれませんが、スプレッドシートから機能豊富でレスポンシブなWebアプリケーションにあっという間に移行できるため驚きます。

  • 既存表ラボ

    期間: 1.5時間
    対象ユーザー: 初心者/未経験者
    学習内容 -

    • 既存表に基づいてアプリケーションの最初の部分を構築
    • アプリケーションの再ロードと再生成を学ぶ
    • ページの追加やページのリンクの方法を学ぶ
    • リージョンやアイテムを処理する方法を学ぶ
    • クライアント側の相互作用を宣言によって定義する方法を学ぶ
     

    既存のデータに基づいて優れたアプリケーションを非常にすばやく簡単に作成できることがわかります。

  • コンセプト実証ラボ

    期間: 1時間
    対象ユーザー: 初心者/未経験者
    学習内容 -

    • 新しい表とビューの定義
    • 新しいデータ構造でのアプリケーションの作成
    • アプリケーションの改善
     

    新しいデータベース表を簡単に作成でき、その表に基づいて優れたアプリケーションを簡単に構築できます。

  • REST Webソース・ラボ

    期間: 1時間
    対象ユーザー: 初心者
    学習内容 -

    • REST対応の表およびビュー
    • RESTエンドポイントに対するWebソース・モジュールの定義
    • Webソース・モジュールを利用したアプリケーションの構築
     

    RESTfulサービスを利用するOracle APEXアプリケーションを非常に簡単に作成できることがわかります。

  • リモート・データ・ソース・ラボ

    期間: 1時間
    対象ユーザー: 中級者
    学習内容 -

    • 表の作成とRESTエンドポイントからのデータ移入
    • 新しいデータでのアプリケーションの作成
    • アプリケーションの改善
     

    単純なSQLとチャートを使用してデータを操作し、新たなインサイトを取得する方法を学習します。

  • ロー・コード開発

    期間: 1時間
    対象ユーザー: 初心者
    学習内容 -

    • Autonomous Transaction Processingインスタンスの作成
    • Oracle CloudでのAPEXへのアクセス
    • APEXワークスペースの作成
    • ファイルからのアプリケーションの作成
    • クイックSQLを使用したデータベース・オブジェクトの作成
    • SQL Developer Webを使用したデータベース・オブジェクトへのアクセス
    • SQL Developer Webを使用したデータベース・モデルの作成
    • APEXアプリケーションの作成と変更
     

    APEXとSQL Developer Webを使用して簡単にアプリケーションの構築を開始する方法を学習します。

  • APEX開発者向けJavaScriptの紹介

    期間: 1時間
    対象ユーザー: 中級者
    学習内容 -

    • Javascriptの基本
    • JavascriptのAPEXアプリケーションへの追加
    • jQueryおよびDOMの使用
     

    APEXアプリケーションをJavaScriptと組み合せて次のレベルに進める方法を学習します。

  • デモ・プロジェクト・アプリケーションの構築

    期間: 3時間
    対象ユーザー: 初心者
    学習内容 -

    • アプリケーションの作成ウィザードの使用方法
    • 様々なタイプのページの拡張方法
    • ページの作成ウィザードを使用した新しいページの追加方法
     

    Oracle APEXの最新機能の一部を使用して、プロジェクトとタスクを管理するための作業アプリケーションを構築する方法を学習します。ラボでは、Application Expressに関する事前の知識はないものとします。このラボは、アプリケーション開発をある環境から別の環境へ(たとえば、オンプレミスからクラウドへ)移行する場合にも役立ちます。

    注意: これはOracle APEXドキュメント内のブックです

アーカイブされているチュートリアル

以前のリリースのOracle APEXのチュートリアルが必要な場合、アーカイブされたチュートリアルすべてをここで利用できます。

アーカイブされたチュートリアルを表示

事前構築VM

apex.oracle.comを利用しない別のオプションでは、Oracle VM Virtual Boxをインストールし、すべての機能がインストール済で準備が完了している事前構築VMをインストールします。このオプションにより、インターネット接続を要せずにラップトップで作業を行うことができます。

Database App Development VMには、Oracle Database 19c、Oracle APEX 19.1、SQL Developer 19.1およびOracle REST Data Services (ORDS) 19.1が含まれます。最も重要なことは、複数のラボがインストール済で、構成済であることです。

ラップトップにVMをインストールするには、次の手順に従います。
  • Oracle VM Virtual Boxをインストールします
  • 最新のDatabase App Development VMをダウンロードします
    {注意: このファイルはおよそ8GBあるため、高速インターネット接続を使用しない場合、ダウンロードに相当の時間がかかります}
  • マシンのVirtualBoxにVMをインポートします(マシンによっては最大20分かかることがあります)。
    {注意: VMをインストールするには、21GBの空きディスク領域が必要です}
  • VM設定を更新して「システム」→「ベース・メモリーとプロセッサ」を最大化します。
  • VMを起動します。