デプロイ

Oracle APEXにより、Oracle Database Cloud Service、プライベート・クラウドとパブリック・クラウド、オンプレミスおよび無償の公開評価サービスを対象に、アプリケーションをシームレスに移行できます。

オンプレミスまたはクラウドにデプロイ

Oracle APEXの独特な点は、どこにでもデプロイ可能な柔軟性を持つことです。Oracle APEXは、オンプレミス、Oracle Cloud、プライベート・クラウド、またはOracle Databaseが実行されている任意の場所にデプロイできます。最も一般的なデプロイメント・オプションのいくつかについて確認し、Oracle APEXアプリケーションの移行性の高さについて理解してください。

Oracle Cloud

Oracle CloudのすべてのOracle Database Cloud Serviceでは、Oracle APEXがサポートされます。Oracle Exadata Express Cloud ServiceとOracle Database Schema Serviceは、両方とも完全に管理されたApplication Expressワークスペースを提供します。顧客は、データベースまたはAPEXの管理タスクに悩まされることなく、ビジネス・アプリケーションの開発に集中できます。さらに、Oracle Database Cloud Serviceにより、コンピュート・シェイプが提供され、負荷の高いユースケースではOracle Databaseの性能が最大限に引き出されます。

  • Exadata Express Cloud Service

    Oracle Database Exadata Express Cloud Serviceにより、Oracle Exadataエンジニアド・システムで稼働するOracle Database 12cリリース2 Enterprise Edition上に管理対象のOracle Application Expressインスタンスが提供されます(これらはすべて非常に手頃なエントリ・レベルの価格で提供されます)。これは、オンプレミスまたは他のOracle Database Cloud Serviceで使用できる機能と互換性のある完全なOracle Databaseの操作で、数分以内にプロビジョニングされ、小規模から中規模のサイズのデータに適しています。

  • データベース・スキーマ・サービス

    Oracle Database Schema Serviceは、Oracle DatabaseでApplication Expressを使用するためのマルチテナント・クラウド環境を提供するスキーマ・サービスです。サブスクライバは、管理タスクに煩わされることなく、完全に管理されたApplication Expressワークスペースを取得できます。

  • Database Cloud Service

    Oracle Database Cloud Serviceでは、任意のタイプのアプリケーションのクラウドでOracle Databaseの性能を最大限利用するために、コンピュート・シェイプが提供されます。すべての標準ネットワーク接続を使用して、管理制御を適用できます。このサービスにより、使いやすいWebコンソールのユーザー・インタフェースとRESTful APIが提供され、Oracle Compute CloudオファリングでOracle Databaseがプロビジョニングおよび管理されます。

オンプレミスまたはプライベート・クラウド

Oracle APEXでは、データベース・インスタンスをプライベート・クラウド内のアプリケーション開発プラットフォームに簡単に変換できます。各テナントでは、開発者がアプリケーションで独立して作業ができる完全に隔離された独自のワークスペースを取得できます。

  • ワークスペース・プロビジョニング

    APEXワークスペースは、自動化方式でプロビジョニングできます。有効にする場合、顧客は、サインアップ・ウィザードに従うだけです。承認後、すべてのプロビジョニングが自動的に実行されます。

  • 統合リソース管理

    APEXにより、データベース・リソース管理への統合が簡単になります。DBAがコンシューマ・グループを作成すると同時に、APEXワークスペースをそれらに簡単に割り当てることができます。アプリケーションまたはワークスペースは、重要度に基づいて優先順位を付けることができます。

  • 統合モニタリング

    APEXは、完全な計測機能が備わっており、管理者は、常にワークスペースやアプリケーションに対するアクティビティを確認して、トレンド(レスポンス時間やページ・ビュー)を検出したり、必要に応じてアクションを実行したりできます。

Oracle Databaseが稼働する任意の場所にデプロイ

Oracle APEXは、それがクラウド、オンプレミスまたはサード・パーティ・クラウドで実行されているか、Linux、UNIXまたはWindowsプラットフォームで実行されているかを問わず、Oracle Databaseが実行されている場所であればどこでもデプロイできます。つまり、オンプレミスのWindows上で実行されるOracle APEXを開発して、それをLinux上のクラウドで実行されるOracle APEXにデプロイできます(その逆も可能です)。

開発ライフサイクル

大規模な開発作業の管理では、複数の開発者が同時に作業できる効果的なフレームワークと、開発からQA/テストを経て本番に至るまでにアプリケーションの複数バージョンのデプロイメントを管理できる機能が必要です。Oracle APEXを既存の開発作業に統合する方法、環境全体でデプロイメントを管理する方法、および管理性の向上のためにバージョン管理および継続的統合ツールに統合する方法について理解してください。

テスト/開発/本番の間でのアプリケーション移動

Oracle APEXには、プロフェッショナルな開発 - テスト/統合/本番プラットフォームで実行されるユーティリティおよび機能が含まれます。

  • エクスポート/インポート

    エクスポート/インポートを使用して、開発環境からテスト環境へ、またはテスト環境から本番環境へとアプリケーションを移動できます。すべてのアプリケーション詳細は、エクスポート・ファイルに格納されます。

  • コマンドライン

    エクスポート/インポート・タスクは、完全に自動化できます。APEXでは、アプリケーションのエクスポートを実行するためのコマンドライン・ユーティリティとPL/SQL APIを提供しています。インポートは、SQL*Plusを使用して簡単に実行できます。

  • ワークフロー統合

    オペレーティング・システムまたはCI (Hudsonなど)のジョブを使用して、プラットフォーム間でアプリケーションを自動的に移動できます。コマンドラインのエクスポート/インポートに基づいて、どのようなシナリオでも実現できます。

バージョン管理との統合

APEXは、中央インスタンスの開発プラットフォームです。各開発者は、同じ開発プラットフォーム上で作業をしています。バージョン管理との統合は、異なって見えますが、確実に可能であり、実際に行われています。

  • アプリケーションのエクスポートと分割

    各アプリケーションのエクスポートは、個々のコンポーネントに分割できます。各コンポーネントは、バージョン管理にチェックインされるため、どのコンポーネントがいつ変更されたかを簡単に検出できます。

  • 自動化されたバージョン管理統合

    CI/CD (Hudsonなど)のジョブを使用して、夜間にアプリケーションを自動的にエクスポートし、バージョン管理にチェックインできます。開発者は、何もせずにアプリケーション変更の詳細なバージョン履歴を取得できます。すべては中央インスタンスで実行されます。

  • アプリケーション・アーカイブとしてのバージョン管理

    アプリケーションのエクスポートがバージョン管理にチェックインされると、開発者が間違ってアプリケーションを削除または破損したときに、それらをアーカイブとして使用できます。リカバリは、クリーン・バージョンをインポートして戻すだけで完了します。