Oracle CloudでのOracle APEX

世界有数のエンタープライズ・ローコード・アプリケーション・プラットフォームを使用して、スケーラブルかつセキュアなアプリケーションを迅速に構築してクラウドにデプロイします。

Oracle Cloud Infrastructure (OCI)によって、業界初で唯一の自律型インフラストラクチャ上にフルマネージド・サービスとしてAPEXのローコード・アプリケーション開発が実現します。これは、事前構成済ですぐに使うことができ、柔軟なスケーラビリティ、セキュリティ、高可用性、リージョンのクラウド・データ・センターを介したグローバル・アクセスを備える一方で、総所有コストは最小限に抑えられています。Oracle Cloud上でAPEXを開始する方法を学習します。

すでにAutonomous Database上でOracle APEXを使用していますか。

シンプルで包括的

APEXサービスおよびAPEXでのAutonomous Databaseを使用すると、ローコード・アプリケーションを開発して、事前構成済のセキュアなフルマネージド環境にデプロイすることができ、手動で維持する面倒がありません。これらのサービスによって、必要なもの(データベース・コンピューティングやストレージからブラウザベースの開発ツールまで)はすべてすぐに使用できる状態で提供されるため、開発者はビジネスの課題の解決に集中することができます。

フルマネージド

Oracle APEXのすべてのインフラストラクチャ・コンポーネントの構成、モニタリング、バックアップ、パッチ適用、アップグレードはOracleによって処理されます。これによりリスクが低減し、開発者の時間と労力が節約され、開発者がイノベーションに集中できるようになります。

柔軟性とスケーラビリティ

業務アプリケーションからエンタープライズ・アプリケーションやSaaSアプリケーションまで、すべてを実行することができます。コンピューティングやストレージのリソースを追加することで、アプリケーションの変化する需要に簡単に対処でき、不要になればスケールダウンすることができます。あるいは、Oracleによる自動的な調整を行うこともできます。どの方法でも停止時間はまったく発生しません。

高可用性

アプリが実行されるOracle Cloudは、Oracle ExadataおよびReal Application Clusters (RAC)が提供する業界トップクラスの可用性を備えています。さらに環境は毎日自動的にバックアップされます。また、オプションで、選択したクラウド・リージョン内か選択したクラウド・リージョンにまたがってホット・スタンバイを有効にすることもできます。これらすべてにより、アプリケーションの重要性が最も増すときにユーザーに対する可用性が保証されます。

セキュア

データ暗号化やキー管理などのセキュリティ機能はOracle Cloudでは事前に構成されています。さらにセキュリティ評価およびモニタリングを行うにはOracle Data Safeに登録できます。オプションのプライベートIP構成(プライベート・エンドポイント)を使用すると、アプリケーションのアクセスを仮想クラウド・ネットワーク内に制限することができます。

低コスト

追加のコストによって制約を受けることがありません(制約を受けると、アプリケーションの成功や評価に影響を及ぼす可能性があります)。Oracle Cloud上のAPEXでは、他のローコード・プラットフォームに通常伴っているコストが劇的に縮小されます。ユーザー数、開発者数またはサービス内のアプリケーション数に対応する複雑な価格設定はありません。また、開発できるアプリケーションの数、サービスを使用する開発者の数、またはアプリケーションを使用するエンド・ユーザーの数にも制限はありません。

世界に対応

さらに追加が予定されていますが21か国にまたがる39のクラウド・リージョンにアプリケーションをデプロイすることができます。顧客としての行政機関は、厳しいセキュリティおよび規制コンプライアンス要件を満たす専用データ・センターで稼働することができます。OCI、Autonomous DatabaseおよびAPEXは、PCI、ISO、HIPAA、FedRAMPといった多様な規制や標準に準拠しています。

さらなる可能性

Oracle Cloud上のAPEXを使用すると、100を超えるクラウド・インフラストラクチャおよびプラットフォーム・サービスにアクセスでき、ローコード・アプリケーションの可能性を広げることができます。たとえば、ロード・バランサのデプロイによるアプリケーションのカスタム・ドメイン名(バニティURL)の提供、電子メール配信を使用した顧客とのやり取り、アイデンティティ・サービスを使用したアプリケーションの保護、画像認識、データ・サイエンス、デジタル・アシスタントなどを目的とした人工知能や機械学習サービスとの統合も可能です。

クラウド・デプロイメント・オプション

Oracle Cloud上のAPEXアプリケーションにはデプロイメント・オプションの選択肢がかつてないほど豊富に用意されています。

OCIにおけるオラクル社最上級の自律型サービスを確認します。

  • APEXは事前構成済かつフルマネージドとして含まれる
  • Oracle Databaseクライアントの幅広いエコシステムをサポート
  • Always Freeシェイプが使用可能

OCIでAPEXアプリケーションを構築して実行するために必要なツールのみ

  • 特別なAutonomous Databaseが含まれる
  • Always Freeシェイプが使用可能

Oracle Cloud上のAPEXにはさらに他の共同管理デプロイメント・オプションがあります

  • OCI Base Database Service、Exadata Database ServiceおよびコンピュートVM
  • APEXおよびそのホスト環境を顧客が完全に制御可能

クラウドの顧客の成功事例

中小企業から大規模エンタープライズまで世界中の数千もの顧客が、Oracle Cloud上のAPEXを利用する理由を学びます。

  • Siemens

    Siemens MobilityはAPEXとOracle Cloudでプロジェクトの複雑さを緩和

    Siemensの記事を読む
  • Accenture

    AccentureはOracle Cloudで継続的なイノベーションを推進

    Accentureの記事を読む
  • NEC

    NECはOracle Cloudで顧客サービスの向上、時間短縮、コスト効率改善を実現

    NECの記事を読む
  • Samsonite

    SamsoniteはクリティカルなBagsupportアプリケーションをOracle Cloudに移行し、コスト削減と稼働時間増加を実現

    Samsoniteの記事を読む