APEXにAIを加えると素晴らしいものになります

スタック全体で生成AIと機械学習モデルのパワーを活用することで、APEXが開発者の生産性をこれまで以上に向上させる方法を探ります。

AIインフラストラクチャ

Oracle Cloudの自律型インフラストラクチャ上で実行されるOracle APEXは、特にデータに対して調整された独自のネイティブ生成AI機能を活用します。これらの言語モデルはスキーマ対応およびデータ対応であり、情報の形状(ドメイン、注釈、データ関係、過去の問合せなど)を考慮しているため、アプリケーションでは、独自のデータで事前にトレーニングされた大規模な言語モデルを利用できるようになります。

アクション中の対話モード・レポート

AI支援の開発

データ・モデルの設計、SQL問合せのオーサリング、ページやアプリケーション全体の構築など、開発者が自然言語プロンプトを使用してアプリケーション開発を支援できるAPEXアシスタントを想像してみてください。

APEXのユニークな点は、組込み型生成AIを使用して、望ましい結果のインテントを捉え、アプリケーション・メタデータを生成することです。このアプローチでは、物理的な実装が抽象化され、メンテナンスが大幅に簡略化されます。その後のアプリケーションの変更は、AIが生成した何千行ものコードを変更するのではなく、インテント・レベルで処理できます。

AIを活用したアプリケーション

ベクターベースの類似性検索、コンテンツ・サマリー、予測などのネイティブ・プラットフォーム機能を活用することで、ユーザーにより優れたインサイトを提供します。また、一連のOCI AIサービスと直接統合することで、強力なAI機能を組み込んで、パーソナライズされたエクスペリエンスおよび推奨事項の提供や、自然言語プロンプトの処理などを行うこともできます。

たとえば、OCI Visionを活用して、画像の認識や分類など、ビジュアル入力やテキスト入力を解釈したり、OCI Speechを使用して、話し言葉を文字化して理解することで、画像と音声の両方のコンテンツにアクセスして処理できるようになります。

ブログ投稿を読む ビデオを見る